サプリメント大図鑑

コラーゲン

collagen

コラーゲンとは

コラーゲンは、我々の皮膚、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、主にグリシン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリンといったアミノ酸から体内で合成されます。体内に存在するコラーゲンの総量は全タンパク質の約30%を占めるほど多く、特に皮膚では水分を除いた重量の約70%がコラーゲンであると言われています。

コラーゲンはプロテインのように直接筋肉を成長させてくれるわけではありませんが、関節を保護したり、骨や腱を強くすることで、怪我なく長期的にトレーニングを続けていくのに役立ってくれます。

コラーゲンの主な効果

  • 関節の保護
  • 皮膚の再生
  • 骨や腱の強化

コラーゲンの主な働き

コラーゲンは消化や吸収の段階でアミノ酸やペプチドに分解されてしまうことから、経口摂取しても効果がないとされてきましたが、近年それは誤りであることが分かってきました。

食事やサプリメントから摂取されたコラーゲンはまず体内で分解され、プロリンやヒドロキシプロリンといったジペプチド(アミノ酸が2つ繋がったもの)になります。そのペプチドは、皮膚線維芽細胞の増殖を促し、皮膚の再生や骨を強くする効果や、体内のコラーゲン合成を高める効果を持ちます。

つまり、摂取したコラーゲンは直接利用されるわけではありませんが、摂取自体がトリガーとなって体内でのコラーゲンの合成が促され、結果的に体内のコラーゲン量を増やすことが出来るのです。

コラーゲンの種類

コラーゲンには「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」…というように20種類以上もの型が存在します。Ⅰ型コラーゲンが体内に最も多く存在するコラーゲンで、骨や皮膚の真皮に含まれています。Ⅱ型コラーゲンはヒトの関節軟骨部分に多く分布し、軟骨を構成する主成分です。中でも非変形Ⅱ型コラーゲンは動物から特殊な技術(高熱処理などを行わない)で抽出された活性の高いⅡ型コラーゲンです。

関節に対応する機能性成分としてグルコサミンやコンドロイチンが知られますが、これらの成分は関節のなかでも主要部分である軟骨のわずか3~5%を構成するにすぎません。一方、非変性Ⅱ型コラーゲンは軟骨の主成分ともいえ、軟骨全体の20%をも占めています。

美容などの目的で化粧品や健康食品に配合されているコラーゲンの多くはⅠ型コラーゲンです。トレーニーの方で関節の保護を目的にコラーゲンを摂取する場合は、非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-Ⅱ)のサプリメントを選ぶようにしましょう。

コラーゲンの摂取方法

関節の保護を目的とする場合、非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-Ⅱ)の形で1日40mg摂取します。コラーゲンの体内での合成にはビタミンCが不可欠であるため、コラーゲンを摂る際はビタミンCも十分に摂取するようにしましょう。ビタミンCの形態としては、長く体内に留まり作用してくれる脂溶性ビタミンCがおすすめです。

コラーゲンの副作用

コラーゲンは特に副作用の心配はないと考えられています。

おすすめのコラーゲン

now  UC-Ⅱ

関節の保護が目的ならUC-Ⅱがおすすめです。

Doctor’s Best ベスト コラーゲン タイプⅠ&Ⅲ

美容目的や筋肥大のサポート目的ならⅠ型&3型のコラーゲンがおすすめです。

error: Content is protected !!