サプリメント大図鑑

グルコサミン

グルコサミンとは

グルコサミンはカニなどの甲殻類の外皮に多く含まれていて、骨を作り出す軟骨芽細胞を刺激して活性化させ、軟骨の生成を促す働きがあります。また、グルコサミンはコンドロイチンやコラーゲンと共に、軟骨部分でクッションの役割を果たしているプロテオグリカンを構成する材料にもなります。

グルコサミンはもともと体内で合成される成分ですが、その生成量は、生まれた時をピークに、年齢とともに減少してしまうと言われています。グルコサミンの生成量が減少し、体内のグルコサミンが減ると軟骨が形成されにくくなるので、関節を曲げるたびに骨と骨がこすれ、痛みや炎症をひき起こす恐れがあります。

日々の激しいトレーニングによって常に関節に大きな負担が掛かりがちな我々トレーニーにとって、グルコサミンは欠かせないサプリメントです。

グルコサミンの主な効果

  • 軟骨の再生
  • 軟骨の分解抑制

グルコサミンの主な働き

そもそも関節の軟骨は、プロテオグリカン、コラーゲン、軟骨細胞によって作られ、繊維状のコラーゲンにプロテオグリカンが絡みついているような構造をとっています。

プロテオグリカンはスポンジのように水分を沢山蓄えられるので、水分をクッションのように利用し、関節への衝撃を吸収する働きをしています。

プロテオグリカンの主原料こそがグルコサミンであり、グルコサミンの摂取はプロテオグリカンの生成を促してくれます。グルコサミンは、磨り減った軟骨を元に戻し、分解されるのを防ぐ働きをしてくれるのです。

グルコサミンとコンドロイチンとの違い

よくグルコサミンとコンドロイチンは共に関節に良いサプリとして有名ですが、その違いはなんなのでしょうか。

そもそも軟骨の主な構成要素であるプロテオグリカンは小さなブラシのような形状をしています。そのブラシの毛の部分にあたる構造がコンドロイチン硫酸です。プロテオグリカンは軟骨に水分を蓄えて関節のクッションの役割を果たしていますが、そのプロテオグリカンの中で水分を蓄える働きをする部分構造がコンドロイチン硫酸なのです。

一方、グルコサミンは軟骨の材料となる成分です。当然、軟骨の構成要素であるプロテオグリカン、さらにはその部分構造であるコンドロイチン硫酸の材料でもあります。グルコサミンの摂取は、コンドロイチン硫酸などの生成を促す効果があります。

保水力を持つコンドロイチンと、軟骨の材料であるグルコサミン、この二つは一緒に摂取することでさらに高い効果を得られると考えられています。

グルコサミンの摂取方法

1日1500mgを目安に摂取しましょう。一度に摂るよりも数回に分けて飲む方が効果的であると考えられます。

グルコサミンはコンドロイチンと一緒に摂取するのが望ましく、その場合はグルコサミンと同量、もしくはグルコサミン:コンドロイチンを5:4ぐらいの比率で摂りましょう。

グルコサミンの副作用

過剰摂取しない限りは特に副作用の心配はありません。過剰摂取により胸焼けや胃痛、吐き気、消化不良などの症状が出るという報告はあるようです。

グルコサミンのサプリメントはカニ、エビ、ロブスターなど甲殻類の殻を使っていることが多いため、甲殻類や魚介類にアレルギー反応を示す人が摂取するとアレルギーを起こすことがあります。このようなアレルギーの方たちは、トウモロコシ(コーン)から抽出されたグルコサミン製品を摂取するべきでしょう。

おすすめのグルコサミン

単体で摂るよりもこのようにグルコサミンとコンドロイチンをセットで摂れるタイプの製品がおすすめです。この商品はさらにMSM(メチルスルフォニルメタン)も含まれており非常におすすめです。MSMは、天然のイオウ化合物で、痛みや炎症を鎮め、体を温める働きがあります。

海外サプリメントを安く買える「iHerb」とは?

トレーニーの皆さんの中には、月々のサプリメント代に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

プロテイン、BCAA、クレアチン、マルチビタミン&ミネラル、グルタミン、カーボ、etc・・・このあたりのベーシックなサプリメントだけでも月1万円は超えてきます。

もしあなたが「月々のサプリメント代を少しでも抑えたい」と考えているなら、海外通販ショップのiHerb」を利用するのがおすすめです。

(上のバナーをクリックでiHerbのトップページへ遷移します)

詳しくはコチラの記事で紹介しているので、是非参考にして下さい。

>>iHerbで海外サプリメントを安く買おう