抗酸化物質特集

抗酸化物質とは

「抗酸化物質」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。ビタミンCやコエンザイムQ10が有名ですが、これらの抗酸化物質は、活性酸素による酸化ストレスから我々の体を守る働きをしてくれています。

この記事では、そんな抗酸化物質の基本的な部分について解説していきたいと思います。

抗酸化物質とは

人間の身体は呼吸から取り入れた酸素を利用してエネルギーを作り出していますが、その際に「活性酸素」という非常に酸化力の強い酸素を作り出してしまうことがあります。

活性酸素は内に侵入してきた細菌やウイルスと戦ってくれる身体の防衛システムも担っていますが、大量に増えすぎると疲労の原因となるほか、生活習慣病やガンを引き起こすとも言われています。

この活性酸素を除去して物質が酸化されるのを抑制してくれるのが「抗酸化物質」と呼ばれるものです。有名な抗酸化物質としては、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、αリポ酸などが挙げられます。

激しいスポーツや筋トレ、有酸素運動などを行う人は酸素摂取量が通常より多く、活性酸素も大量に発生してしまうので、抗酸化物質を通常より多めに取る必要があります。

抗酸化物質が働く仕組み

活性酸素は非常に強い酸化力を持っており、細胞膜の脂肪酸を攻撃して酸化させてしまいます。脂肪酸は膜を取り巻く成分なので、これが酸化されると、細胞膜の中に物質が輸送されなかったり、細胞の中の物質が外に漏れ出したりと膜が正常に機能しなくなってしまいます。

そこで働いてくれるのが抗酸化物質です。細胞膜の脂肪酸が酸化されると、抗酸化物質であるビタミンEがこれを還元して元へ戻します。

ところが、酸化された脂肪酸(過酸化脂質)を還元することで、今度はビタミンE自身が酸化されてしまいます。そこでビタミンEは近くのビタミンCを酸化して、自身は元に戻ります。

今度はビタミンCが酸化されるので、ビタミンCはコエンザイムQ10によって還元されます。さらにコエンザイムQ10はグルタチオンという物質で還元されて・・・という具合に、抗酸化物質は別の抗酸化物質によって還元力を取り戻す仕組みになっています。

このリサイクルの仕組みにおいて中心的な役割を果たすのが、マスター抗酸化物質と呼ばれる「αリポ酸」です。αリポ酸の存在で、数多くの抗酸化物質が一つのネットワークの一員として能率的に働いてくれるのです。

抗酸化物質は筋トレ後の回復を早める

筋トレを行って筋肉の細胞が活性酸素の攻撃を受けると、細胞膜が酸化されて正常に機能しなくなり、これが筋肉疲労の原因になります。こうした筋肉疲労を防ぎ、回復を早めてくれるのが抗酸化物質です。

抗酸化物質は細胞膜を強化して活性酸素による攻撃から守る働きがあります、また、運動中に生じる活性酸素に結びついて、活性酸素が細胞膜にダメージを与える前にその働きを弱めてくれる作用もあります。

さらに、抗酸化物質は活性酸素による細胞膜の損傷を修復する作用もあるので、筋トレ後の回復を促進することができます。

サプリメントから摂取したい抗酸化物質

αリポ酸

水溶性であるビタミンCとグルタチオン、脂溶性であるビタミンEとコエンザイムQ10といった非常に重要な抗酸化物質がフリーラジカルによって酸化されたときに、それらをリサイクル(還元)して、再び抗酸化物質として体内で使用できるようにしてくれるのです。

つまり、αリポ酸の存在で、数多くの抗酸化物質が一つのネットワークの一員として能率的に働いてくれるわけです。

グルタチオンは細胞内に最も多く存在している大切な抗酸化物質ですが、αリポ酸をとることによって、グルタチオンのレベルが30%も増えるといわれています。コエンザイムQ10はビタミンEをリサイクルしてくれますが、α-リポ酸はこのコエンザイム10をリサイクルします。

また、何らかの理由でビタミンEが欠乏しても、αリポ酸がその不足を補ってくれることが実験で確認されています。つまり、重要な抗酸化物質のネットワークの中心的役割を果たしてくれるのです。

摂取量の目安:100~300mg/日

ビタミンC

ビタミンCは活性酸素に真っ先に対抗するビタミンです。スーパーオキサイド、一重項酸素に対抗します。また、酸化したビタミンEをもとに戻す働きもあります。

ビタミンCは水溶性なので摂り過ぎによる危険性はありませんが、問題はあります。ビタミンCはスーパーオキサイドを無効化する過程で、最強の活性酸素であるヒドロキシラジカルを発生させてしまうのです。

そのため、ビタミンCを摂取する際はヒドロキシラジカルを除去するビタミンEも同時に摂取する必要があります。

摂取量の目安:500~3000mg/日

ビタミンE

ヒドロキシラジカル、一重項酸素を消去する働きがあります。ビタミンCと共に摂取することで相乗効果を上げることができます。しかし、ビタミンEは脂溶性で排出されにくいため、摂り過ぎには十分注意してください。

摂取量の目安:10~50mg/日

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は人体のあらゆる細胞に存在し、エネルギー産生に深くかかわっています。特にビタミンEをリサイクルしてくれますので、抗酸化物質ネットワークのメンバーとして重要な働きを担っています。

摂取量の目安:300mg/日

海外サプリメントを安く買える「iHerb」とは?

トレーニーの皆さんの中には、月々のサプリメント代に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

プロテイン、BCAA、クレアチン、マルチビタミン&ミネラル、グルタミン、カーボ、etc・・・このあたりのベーシックなサプリメントだけでも月1万円は超えてきます。

もしあなたが「月々のサプリメント代を少しでも抑えたい」と考えているなら、海外通販ショップのiHerb」を利用するのがおすすめです。

(上のバナーをクリックでiHerbのトップページへ遷移します)

詳しくはコチラの記事で紹介しているので、是非参考にして下さい。

>>iHerbで海外サプリメントを安く買おう