サプリメント基礎知識

サプリメントとは何か?

プロテインやクレアチンなどのサプリメントを摂っている人は多いと思いますが、そもそもサプリメントとは何なのか考えたことがあるでしょうか。

今一度原点に立ち返り、サプリメントの基本から学んで行きましょう。

サプリメントとは何か?

そもそもサプリメントとは文字通り「Supply=補う」という意味で、食事で不足している栄養素を補うために生まれたものです。実際、サプリメントは法律上「医薬品」ではなく「食品」に分類されます。つまりサプリメントとは、特定の成分を含むただの「食品」なのです。成分が同じであれば、食事から摂取しようがサプリメントから摂取しようが、その働きに違いは一切ありません。

世間では「栄養は自然食品から摂るのが一番だ」「サプリメントに頼るのは良くない」など様々なことが言われますが、私は普段の食事もサプリメントも同じ口から摂取する栄養であり、区別する必要は全くないと考えています。「何から栄養を摂取したか」よりも「必要な栄養を実際にどれだけ摂れたか」の方が遥かに重要だと思うからです。

サプリメントと薬の違い

先述の通り、サプリメントは食品に分類されますが、薬は医薬品に分類されます。サプリメントは医薬品ではないので「病気を治す」という表示はできません。医薬品は大規模な治験によって安全性や効果が確認されますが、サプリメントにはそうした必要がないため、「病気を治す」とは主張できないのです。また、品質の維持に医薬品ほどの厳密さが求められないため、その品質にもばらつきがあります。

サプリメントに求めるのは、あくまで食事の一部としての役割に留めるのが良いと思います。

筋トレにもサプリメントを活用しよう

サプリメントの利用には大きく2つメリットがあります。一つは、摂りたい栄養のみを選択的に摂取出来ることです。例えば、タンパク質を摂取したい場合、タンパク質を多く含む食品はたいてい脂質も多く含むため、必要量のタンパク質を食事のみから摂取しようとすると、脂質を摂り過ぎてしまう可能性があります。タンパク質を精製したサプリメントであるプロテインを活用すれば、脂質を摂りすぎることなくタンパク質のみを必要量摂取することが可能です。

もう一つのメリットは、同じ栄養素でも食事から摂取するのに比べ素早い吸収が可能であることです。こちらもタンパク質を例に挙げると、肉などは消化・吸収に10時間ほど掛かる場合もありますが、ホエイプロテインなら1~2時間で吸収できます。つまり、トレーニング直後など素早く栄養素を補給したい場合にもサプリメントは非常に有効なのです。

筋肥大の大前提は、もちろん「トレーニング」と「食事」ですが、逆に言えばその前提条件がある程度揃っているならば、サプリメントの活用の有無が大きな差になってくると言えます。筋トレの効果を最大限に引き出したいなら普段の食事に気を遣いつつ、うまくサプリメントを活用することが重要です。

error: Content is protected !!