目的からサプリを探す

関節保護におすすめのサプリメント

関節保護におすすめのサプリメントについてまとめました。

コンドロイチン

  • 働き:軟骨の水分保持

コンドロイチンとは、サメの軟骨やうなぎ、すっぽんなどに含まれている成分で、ギリシャ語で「軟骨のもと」という意味を持ちます。ただしこれはサプリメントとしての呼び方であり、正式にはコンドロイチン硫酸という成分のことを指します。

コンドロイチン硫酸はグリコサミノグリカンと呼ばれるムコ多糖の一種であり、糖の持つ水親和性により多量の水を保持することができます。そして蓄えた水分をクッションのように利用して関節への衝撃を吸収する働きをしています。コンドロイチン硫酸が不足すると、軟骨はその弾力性、保水性を失い、関節の軟骨がすり減って関節痛などを引き起こします。

つまりコンドロイチンは、軟骨を作る材料であるグルコサミンと並び、日々の激しいトレーニングによって常に関節に大きな負担が掛かりがちな我々トレーニーにとって欠かせないサプリメントなのです。

グルコサミン

  • 働き:軟骨の再生、軟骨の分解抑制

グルコサミンはカニなどの甲殻類の外皮に多く含まれていて、骨を作り出す軟骨芽細胞を刺激して活性化させ、軟骨の生成を促す働きがあります。また、グルコサミンはコンドロイチンやコラーゲンと共に、軟骨部分でクッションの役割を果たしているプロテオグリカンを構成する材料にもなります。

保水力を持つコンドロイチンと、軟骨の材料であるグルコサミン、この2 つは一緒に摂取することでさらに高い効果を得られると考えられています。

コラーゲン

  • 働き:コラーゲンの合成促進

コラーゲンは、我々の皮膚、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、主にグリシン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリンといったアミノ酸から体内で合成されます。

食事やサプリメントから摂取されたコラーゲンはまず体内で分解され、プロリンやヒドロキシプロリンといったジペプチド(アミノ酸が2つ繋がったもの)になります。そのペプチドは、皮膚線維芽細胞の増殖を促し、皮膚の再生や骨を強くする効果や、体内のコラーゲン合成を高める効果を持ちます。

コラーゲンには「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」…というように20種類以上もの型が存在しますが、関節の保護を目的にコラーゲンを摂取する場合は、非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-Ⅱ)のサプリメントを選ぶようにしましょう。

海外サプリメントを安く買える「iHerb」とは?

トレーニーの皆さんの中には、月々のサプリメント代に悩まされている方も多いのではないでしょうか。

プロテイン、BCAA、クレアチン、マルチビタミン&ミネラル、グルタミン、カーボ、etc・・・このあたりのベーシックなサプリメントだけでも月1万円は超えてきます。

もしあなたが「月々のサプリメント代を少しでも抑えたい」と考えているなら、海外通販ショップのiHerb」を利用するのがおすすめです。

(上のバナーをクリックでiHerbのトップページへ遷移します)

詳しくはコチラの記事で紹介しているので、是非参考にして下さい。

>>iHerbで海外サプリメントを安く買おう