サプリメント大図鑑

シッサス

シッサスは、インドの伝統医学・アーユルヴェーダで、関節痛や骨折の治療薬として使われてきたハーブです。ハードなトレーニングで関節に負担のかかりがちなトレーニーにとって、非常に有用なサプリメントだと言えます。

シッサスとは

シッサスは、約5000年の歴史を誇るインドの伝統医学アーユルヴェーダで、関節痛や骨折の治療薬として使われてきたハーブです。正式名称はシッサス・クアドラングラリス(Cissus quadrangularis)で、その中に含まれる「ケトステロン」と呼ばれる成分が有効成分になります。

cissus

シッサスには、関節痛の軽減(※1)、骨折からの回復促進(※2, ※3)、体脂肪減少(※4)、中性脂肪およびコレステロール値の減少(※4)など様々な効用がありますが、特に関節痛を改善する効果があることから、ハードなトレーニングで関節に負担のかかりがちなトレーニーにとって、非常に有用なサプリメントです。

シッサスの効果

関節痛の軽減

シッサスには関節痛を軽減する効果があります。2013年に行われた研究では、過度なトレーニングにより関節に痛みを抱えているトレーニーに対し、1日3,200mgのシッサスを8週間摂取させたところ、摂取前に比べてWOMAC(関節の痛みと傷害についての自己申告)のスコアが31%改善しました。(※1)

jointpain

研究自体がまだほとんど行われていないため、科学的に効果が証明されているとは言い難いですが、古くからインドの伝統医学・アーユルヴェーダで用いられてきたことや、商品レビューの評判の良さを鑑みると、かなり効果が期待できるサプリメントだと言えます。

骨折からの回復促進

シッサスには、骨折の治癒を促進する効果もあります。シッサスは骨芽細胞におけるIGF-1の分泌量を増やし、骨芽細胞の増殖と分化を促します。(※2)

born

また、骨芽細胞内のコラーゲン合成を高める働きも確認されており(※3)、このことも骨の再生を促進する要因となっていると考えられます。

体脂肪減少

シッサスの摂取により、体脂肪が減少するという報告も得られています。(※4, ※5)

loseweight

ただし、研究のほとんどが肥満の人に対して行われたものであり、トレーニーに対してどこまで有効かは定かではないというのが現状です。さらなる研究報告が待たれます。

シッサスに関する研究報告

【1】過度なトレーニングにより関節に痛みを抱えているトレーニーに対し、1日3,200mgのシッサスを8週間摂取させたところ、摂取前に比べてWOMAC(関節の痛みと傷害についての自己申告)のスコアが31%改善した。(※1)

【2】1-10μg/ml のシッサスを骨芽細胞に投与したところ、骨芽細胞におけるIGF-1分泌量がシッサス濃度に依存して増加した。(※2)

【3】1-10μg/ml のシッサスを骨芽細胞に投与したところ、骨芽細胞におけるコラーゲン合成がベースラインより85-106%増加した。(※3)

【4】肥満の被験者に対し、食事制限(1日2100kcal)と1日300mg のシッサス(2.5%標準化)の摂取を組み合わせたところ、6週間で4.8kg体重が減少した。(※4)

【5】肥満の被験者に対し、1日300mg のシッサス(2.5%標準化)を10週間に渡り摂取させたところ、摂取群ではプラセボ群と比較して有意に体重が減少した。(※5)

シッサスの摂取方法

1日2~3回に分け、一回300-500mg程度摂取しましょう。できれば食前(空腹時)に摂取します。

上記の摂取量で効果が得られない場合は、1日のトータルが3,200mgまでは副作用がなかったことが確認されているので(※1)、そのあたりまでは増やしても大丈夫でしょう。

シッサスと合わせて摂りたいサプリメント

シッサスは関節の痛みを和らげたり、軟骨の再生を促す効果がありますが、関節の材料にはなりません。そのため、関節の材料となる成分を一緒に摂るのが効果的です。

コラーゲン

コラーゲンは、関節軟骨の主要な構成成分の一つです。主にグリシン、プロリン、アラニン、ヒドロキシプロリンといったアミノ酸から体内で合成されますが、経口摂取することで体内のコラーゲン合成を高めてくれます。

コラーゲンには「Ⅰ型」「Ⅱ型」「Ⅲ型」…というように20種類以上もの型が存在しますが、関節保護が目的なら、軟骨の主成分である「Ⅱ型」を摂取しましょう。Ⅱ型の中でも、非変性Ⅱ型コラーゲン(UC-Ⅱ)の摂取がより効果的です。

グルコサミン&コンドロイチン

グルコサミンとコンドロイチンは、コラーゲンと共に、軟骨部分でクッションの役割を果たしているプロテオグリカンを構成する材料にもなります。

保水力を持つコンドロイチンと、軟骨の材料であるグルコサミン、この二つは一緒に摂取することでより高い効果を得られると考えられているため、下記の商品のように2つの成分がセットになったサプリメントがおすすめです。

シッサスの副作用

1日300mg程度のシッサスの摂取で副作用が生じたという報告は、今のところありません。1日3,200mgとかなり多量に摂取した研究においても、副作用は見られていません。(※1)

通常の範囲内である300-600mg程度の摂取においてはまず問題なく、3,200mg程度までは増やしてもほぼ問題ないと考えて良いでしょう。

おすすめのシッサス

Primaforce CiISSUS

Primaforce社の「CISSUS」が最も一般的です。シッサスのサプリメントはこれを買っておけば間違いありません。この商品はしっかり標準化されており、ケトステロンは40%、3-ケトステロンは20%標準化されています。

2017年6月16日現在、Amazonではシッサスのサプリメントは取り扱っていないため、ネットで入手するためにはiHerb等の輸入代行サイトを利用する必要があります。

iHerbではこの商品は良く品切れするので、その場合はこの後紹介するマルチ型の関節サプリがおすすめです。

MRM Vegan Joint Synergy MOTION

こちらはシッサス単体のサプリメントではなく、関節に良い様々なハーブを配合したマルチ型の関節サプリメントです。とは言え、しっかりケトステロンが5%標準化されているので、CISSUSの代替品としては十分です。

ボスウェリアセラータなど、シッサス以外のハーブの効果が得られるのも嬉しいポイントです。

MRM Joint Synergy Complete

個人的に最強の関節サプリが、こちらの「Joint Synergy Complete」です。先ほど紹介した「Vegan Joint Synergy MOTION」にプラスして、さらにコラーゲンI型&Ⅱ型、グルコサミン、コンドロイチン、MSMなどの関節保護に必要な成分を全て配合しています。

シッサスを含む関節に良い成分を一つのサプリメントでまとめて摂りたい、という方に非常におすすめな商品です。

 

参考文献

※1:

Cissus quadrangularis reduces joint pain in exercise-trained men: a pilot study. Phys Sportsmed. 2013 Sep;41(3):29-35. doi: 10.3810/psm.2013.09.2021.

※2:

Cissus quadrangularis augments IGF system components in human osteoblast like SaOS-2 cells. Growth Horm IGF Res. 2011 Dec;21(6):343-8. doi: 10.1016/j.ghir.2011.09.002. Epub 2011 Oct 19.

※3:

Effects of Cissus quadrangularis on the proliferation, differentiation and matrix mineralization of human osteoblast like SaOS-2 cells. J Cell Biochem. 2011 Apr;112(4):1035-45. doi: 10.1002/jcb.23016.

※4:

The effect of Cissus quadrangularis (CQR-300) and a Cissus formulation (CORE) on obesity and obesity-induced oxidative stress. Lipids Health Dis. 2007 Feb 4;6:4.

error: Content is protected !!